民生委員制度創設100周年のシンボルマーク

 民生委員制度が創設100周年、児童委員制度は創設70周年を迎えました。

 民生委員、児童委員は、社会福祉の増進のために厚生労働大臣からの委嘱を受けた方々であり、民間の奉仕者として地域の中で日々活動を行っています。

     ◇……………………◇

 民生委員制度は、富士市出身の笠井信一氏(第13代静岡県知事)が岡山県知事であった1917(大正6)年5月12日に創設した「済世顧問制度」が始まりとされており、静岡県とも縁の深い制度です。

 民生委員は、制度創設から今日に至るまでの100年間、社会の変化に対応したさまざまな活動を通じ、地域住民の相談役、関係機関との橋渡し役として支援を行ってきました。

 また、児童・妊産婦の相談、援助活動などを行う児童委員制度は、47(昭和22)年に公布された児童福祉法により規定され、民生委員が児童委員を兼ねることとされました。その後、94(平成6)年に、担当区域を持たず、児童・妊産婦の支援を専門に担当する「主任児童委員」が制度化され、地区での支援活動を行う児童委員と連携し活動を行っています。

 なお、民生委員制度が創設された5月12日は、「民生委員・児童委員の日」と定められています。

 詳細は県公式ホームページ「民生委員制度創設100周年、児童委員制度創設70周年」https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko−110/chifuku/minsei100.htmlをご覧下さい。

【熱海健康福祉センター福祉課主任・志村僚太 電0557(82)9120】

 【写説】民生委員制度創設100周年のシンボルマーク