厚労省肝炎総合対策マスコット

 皆さんは肝炎ウイルス検査を受けたことがありますか?

     ◇……………………◇

 肝炎ウイルスに感染したまま放っておくと、肝臓の細胞が慢性的に破壊され、肝硬変や肝臓がんへと進行する場合があります。肝臓がんの約8割はウイルス性肝炎が原因だといわれています。

 肝臓は、吸収された栄養を体内で活用できる物質に変えたり、貯蔵したりするなど生命を維持するために重要な役割を担っています。肝臓は再生能力が高いので、少しぐらい異常があっても無症状のことが多く、「体がだるい」などの自覚症状に気付いたときには、肝臓の機能が著しく低下しています。

 肝炎ウイルスの種類は、日本ではB型かC型がほとんどで、B型の主な感染経路は性行為と母子感染によるもの、C型の主な感染経路はC型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤の使用によるものです。また、集団予防接種などの注射器の連続使用でも感染している可能性があります。

 ウイルス性肝炎の治療はここ数年で大きく進歩しました。飲み薬だけで完治したり、病気の進行を抑えたりできるようになってきました。初期の段階で治療することができれば、肝硬変や肝臓がんを予防することが可能です。

 感染の有無は血液検査で分かります。県内の保健所では無料で検査を行っています。自覚症状がない方でも、一生に1度は肝炎ウイルス検査を受けましょう。

【県賀茂保健所地域医療課・古藤田舞乃 電0558(24)2052】