渡辺春虎君

 ■渡辺春虎(わたなべはると・稲梓小6年) □立見龍之介(たつみりゅうのすけ・下田小4年 観戦記/高橋弘樹 (日本将棋連盟下田支部)

 未来の藤井聡太を夢見る将棋好きの子どもにとって、ゴールデンウイークは特別な連休となります。伊豆のあちらこちらで大会が催され、見知らぬ相手との対戦に緊張し、真剣勝負の中で棋力が培われる機会でもあるからです。

     ◇……………………◇

 第10回外岡壮亮杯将棋大会が伊東のショッピングプラザ・デュオにて開催されました。毎年こどもの日に行われるこの大会。小中学生を対象とし、地元のプロ棋士青野照市九段と八代弥六段の師弟コンビによる丁寧な指導が受けられるという絶好の場でもあります。全員に参加賞と施設内で利用できる食事券まで付いて参加費無料! 主催の伊東商業協同組合・アピタ伊東店さんと、日本将棋連盟伊東支部の方々のご尽力には頭が下がる思いです。

 小学生大会の決勝カードは、渡辺春虎君(稲梓小6年)と立見龍之介君(下田小4年)の4戦無敗同士の対決となりました。二人は下田支部の定例会で顔を合わす、いわば好敵手。互いに目を合わさず集中し、盤側にも二人の闘志が伝わってきます。両者居飛車党。先番を得た渡辺君は、自ら角交換し7七に金を上がる一風変わった布陣。おそらく決勝局に準備した戦法なのでしょう。立見くんは自然に対応しますが、先手は猛然と右桂を跳ね突っかけます。3七の地点に傷ができ、しかも居玉という無理な仕掛けといえますが、そこは勢い(汗)。売られたけんかは買うのが立見君。駒がぶつかれば□同歩、□同歩とノータイムで対応し、桂交換後の□4六桂(指了図)で少し胸を張ったのでした。

■7六歩  □3四歩

■7八金  □8四歩

■2二角成 □同銀

■7七金  □3二金

■2六歩  □3三銀

■2五歩  □4二玉

■3六歩  □5二金

■3七桂  □4四歩

■4六歩  □7二銀

■4五歩(途中図)

      □同歩

■同桂   □4四銀

■3五歩  □同歩

■3三歩  □同桂

■同桂成  □同銀

■5八金  □4三歩

■3八銀  □4六桂

       (指了図)

 【図版】途中図(■4五歩まで)

 【図版】指了図(□4六桂まで)