「ねないこ だれだ」を紹介する山本さん

 絵本「ねないこ だれだ」(せな けいこ作・絵、福音館書店)は素朴で温かい、紙を手でちぎる「ちぎり絵画法」のイラストがとても親しみやすく、子どもたちに人気です。

 表紙のおばけから、だんだんと聞き手の興味を引く仕掛けになっていて、ちょうど「ちょっと怖い、どきどきする話」に関心が出てきた2、3歳ぐらいのお子さんに受けています。

 「にんじん」「もじゃもじゃ」「いやだいやだ」と並ぶ“いやだいやだ”の絵本シリーズの一つで、決して子どもたちを驚かすわけではないけれど、静かに集中して聞いてくれるのがこの絵本ならではの特徴といえます。

 興味津々で聞いてくれるので、絵本の読み聞かせを始めるとき、一番最初に選んでもよい本だと思います。

 松崎町立児童館 児童厚生員 山本弘子

 【写説】「ねないこ だれだ」を紹介する山本さん