「わかったぞ」「できた!」「もっと難しい問題ください」…そんな言葉が飛び交う。

 わずか5人しか入れない小さな教室。にぎやかで、楽しい教室。−それが私の塾。

 塾…教師をやっているときからの夢でした。学校とは違って、もっと自由で、枠にとらわれない授業をしたい。数学が得意な生徒には、高校の数学まで踏み込んだ内容を、算数も苦手な生徒には、中学でやる計算が3年間ですべて確実にできるような指導を−そんな塾。

 生徒は中学生からで、大学受験にも対応。5人グループが六つ、毎日が大変。授業の準備、教材づくり、夜6時半から9時半までの授業。でも、一番楽しんでいるのは、生徒より私かもしれない。

 子どもたちの熱意以上に、塾は、いまの私の生きがいにもなっている。体の続く限り、小っちゃな教室だけど、生徒たちと楽しく数学をやっていきたい。