柔道創始者の嘉納治五郎先生の言葉に「精力善用」と「自他共栄」がある。心と身を正しく鍛えることで社会に貢献できる人を育てる。全世界の柔道を志す者の基本だ。我々も礼に始まり礼に終わるというように、まず礼儀を身につけさせることから始める。例えば、道場だけでなく日常生活でも率先してあいさつできるように教えている。

 「勇猛精進」をモットーに掲げているが、これは何にでも挑戦して精神を鍛えるという志のこと。一方で勝利に固執するのではなく楽しく一致団結して稽古するように指導している。特にけががないように安全第一なので受け身や打ち込みなどの基本練習に力を入れる。お互いの力量に配慮しながら指導している。

 今は多くの子どもたちに柔道の魅力を知ってほしい。オリンピックの時だけ世間は注目するが、相撲と同様に日本固有の武術だ。普及させたい。