施工例を写真で示す森有光社長=熱海市紅葉ケ丘町のモリボー

 ■地元の建物 地元で守る

 建造物の総合改修工事業者として、一般家庭の防水・塗装からマンションなどの大規模修繕まで手掛ける。「建物がある以上、仕事がある。手掛けた建物は残っていくだけに責任の持てる、誇れる仕事」と自負する。

 父・重男さんの働く姿を見て育ち、家業を継ぐ意志を固めた。隣県の建設会社での2年間の勤務を経て入社、2012年に社長に就き、昨年からは日本塗装工業会の県支部長を務める。

 “誇れる仕事”を次世代につなげるためにも、従業員には各種資格の取得や技能を競う大会への積極的な挑戦を促し、応援する。JR根府川駅の外壁塗り替えワークショップに協力するなど、奉仕活動へも意欲を示す。

 伊豆半島の中でもマンションやビルが多く建つ地域だけに「地元の建物を地元で守って行きたい。地元の業者で組んで大規模修繕工事を受注することも考えたい」。目指すは独自の技術を持ったオンリーワンの事業所。「うちでしかできないものを探し、求めていきたい」と力を込める。

 ◇本社・熱海市紅葉ガ丘町9の25〈電0557(81)3986〉。1970(昭和45)年に森塗装店を法人組織とし、85年に社名を変更。従業員25人。防水・外壁の調査診断から総合仕上げ工事まで手掛ける。

 【写説】施工例を写真で示す森有光社長=熱海市紅葉ケ丘町のモリボー