女子6人、男子3人の少人数で活動しています。練習・試合にも笑みがこぼれている不思議なミニバスケットボールチームです。

 始めて間もない子、体のできていない子のために、技術の応用より基本と体の使い方を重視しています。基礎体力やバランス感覚の向上、瞬発力などの競技を行う上で必要な能力を、時に遊びを交えて伝えています。

 指導理念は「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」。試合で全員が活躍できるよう「全員バスケット」を推奨しています。同時に仲間の大切さ、仲間を信じる心を指導しています。

 「あいさつはどのチームよりも大きく」。在団生たちが卒団していった先輩たちから引き継いだ言葉で、現在のチームカラーとなっています。「声が大きいのが子どもらしくて気持ちがいい」と言われている子どもたちを誇らしく思います。

 いつか子どもたちが「あのチームにいて良かった」と思ってもらえるように、一層チームを盛り上げていきたいと思います。