コーティングの工程を終えたサプリメント(今回売り出したものとは別の商品)の検査を行う社員=伊東市湯川の「エナジック」

 ■サプリメント新商品製造 販路開拓、通販も

 熱海市上多賀の観光土産品・特産物トータルプロデュース業「TTC」(河越康行社長)と伊東市湯川の健康食品開発製造業「エナジック」(佐野道子社長)がこのほど、新商品「グルコサミン&コンドロイチン」を売り出した。技術力に定評があるものの営業にまで手が回らないエナジックと、販路開拓のノウハウを持つTTCが共同で、新たな可能性に挑戦する。

 エナジックは、健康食品のサプリメントや粉末などの開発製造に実績のある会社。事業形態はこれまで、OEM(相手先ブランドによる生産)や包装前の完成品納入などのスタイルが中心だった。数年前、同じ包材業者と取引していた縁でTTCと知り合ったことをきっかけに、自社ブランド商品の売り出しが実現した。

 両社はまず、雑炊やみそ汁などのフリーズドライ製品を共同で製造・販売した。その成功を受けて今回、サプリメントの製造・販売に踏み切った。エナジックが、市場に出回っているものと同等以上の製品を製造し、TTCがこれまでに築いた顧客データを活用して通販を開始した。

 商品名は「グルコサミン&コンドロイチン+乳酸菌EC―12」。1袋(240粒入り)が1980円。問い合わせはTTC〈フリーダイヤル・0120―67―2325〉へ。

 【写説】コーティングの工程を終えたサプリメント(今回売り出したものとは別の商品)の検査を行う社員=伊東市湯川の「エナジック」