改革した会社の組織図を示す広井社長=伊東市玖須美元和田のさくらパートナーズ

 ■人と深く交わる仕事

 不動産をはじめ建設、コンビニ、相続、ICT(情報技術を生かしたコミュニケーション)、エステの6部門で構成する組織に改編した。先ごろ、経営に携わり10年となった節目を機に、業務の改革を行った。「人と積極的に関わることを使命にしたい」と力を込める。

 伊東で生まれ育ち、家業を手伝う形で不動産業の道に入った。2009年に社長就任。「待つ」から「攻め」の姿勢に転じようと、賃貸不動産仲介大手「エイブル」とフランチャイズ契約した。不動産賃貸事業の拡大を図り、管理する部屋数は、市内全体の15%に相当する千室を超えた。

 「これからは不動産業だけでは先細りする。人と出会えるコミュニティーが必ずビジネスにつながる」と持論を展開する。従来の“不動産屋”のイメージから脱却し、人と多く深く交わる仕事に重きを置く。幼少期に見たふるさとのにぎわいを取り戻そうと目を輝かせ、地域貢献を目指している。

 ◇本社・伊東市玖須美元和田716の461〈電0557(35)9157〉。1998年、有限会社さくら不動産として創業。2012年に社名を変更した。不動産会社の枠から脱却し、人との関係性を最重点にした多角経営を目指す。

 【写説】改革した会社の組織図を示す広井社長=伊東市玖須美元和田のさくらパートナーズ