教育委員会では、さまざまな会議が実施されています。その中に「総合教育会議」という大切な会議があります。それは「地方教育行政法」という法律の一部が改正され、平成27年4月に全ての都道府県・市町村に設置されました。

 この会議は、首長と教育委員会により構成され、地域における教育の指針や施策などについて協議・調整をしていきます。そのことにより、地域の教育課題に、今まで以上に連携して取り組むことができるようになりました。

 また、教育の条件整備や重点的施策などを中心として、義務教育・保育に関わる事項などについても自由に意見交換ができます。会議において調整がついた事項については、その結果を尊重して事務を執行することとなります。

 この総合教育会議によって、市民や教育委員の意見を反映した教育行政の推進が図られていきます。静岡県教育委員会では、総合教育会議が定期的に実施され、教育に関する大綱の策定に関する協議の他に、「教職員および高校生の国際化」「人材バンクの構築」「新しい実学の奨励」「大学・大学院の充実」について話し合われています。

 伊東市では、平成27年5月に教育大綱を策定しました。その大綱に沿った教育行政が現在進められています。大綱の内容は「知・徳・体のバランスのとれた子どもの育成」「生涯学習の場の充実と質の向上」など、生涯にわたり美しいふるさと伊東で学び続けることを踏まえています。

 今後も、現場を大切にすることを第一に考え、さまざまな施策の推進を通じて、さらなる教育の充実、活性化を目指して関係機関との連携を深めていきたいと思います。

 今回で伊豆路の執筆は終わりになります。拙い文を読んでいただき感謝申し上げます。