第24回伊豆地区将棋大会 伊豆名人戦決勝(中)

 ■西山嵩人(伊豆の国市) □武井雄一郎(大阪市) 自戦記/西山嵩人

 本局は相掛かりから角換わり模様の将棋になりましたが、お互いに飛車先の歩を交換しているので、通常よりも攻めやすそうに見えます。例えば、■4七金と上がって4五桂や銀の筋を見せるなどいくつか候補はありました。しかし、半端な攻めをすれば、後手からも□6五歩や7五歩といった厳しいカウンターが飛んできます。攻めやすいのは後手も同じことです。結局、成算が持てずに本譜は■4五歩~4六角として局面を落ち着かせようとしました。もちろん、これも有力なのですが、やや妥協した印象があって自信はありませんでした。

     ◇……………………◇

 ■4六角以下、□5四歩■3七桂と進みます。今回、大盤解説をしていただいた青野照市九段より、次の□2二玉があまり良くなかったとの指摘がありました。本譜を進めればわかるのですが、■4七金□3一玉■3五歩□同歩■同角となったときに、金取りを受ける手段が難しいです。□5二金と避けましたが、せっかくの8一飛と6二金の好形が崩れてしまいました。戻って、□2二玉では□4二玉~5二玉として好形を維持したほうが良かったようです。

 とはいっても、□5二金以下、■4六角に□3四歩と受ければ、まだまだ先の長い将棋です。しかし、実戦はジリ貧を嫌ってか□4四歩。相手の守り駒から、こちらの攻め駒に仕掛けているので、勝負手のような印象を受けます。よって、ここでうまく指せれば、こちらが良くなりそうです。ここでの考え方は2通りあります。取るか、取らせるかです。最初は■同歩□同銀■2二歩を考えました。□同玉なら■2四歩から十字飛車を狙えるのですが、□同金の後が分からず断念しました。代えて、■3四歩□同銀■4四歩として、次に■3五歩を狙う手は有力です。本譜は■1五歩として、取らせる手を選びました。以下、□4五歩■同桂□4四銀に■3三歩が厳しいたたき。□同桂■同桂成□同銀には露骨に■4五桂で十分だと思います。よって、□2二金と逃げましたが、■1四歩□1八歩と快調に攻めます。

 後一押しがあれば、優勢になりそうな局面ですが、果たして。

■6六歩  □1四歩

■1六歩  □3三銀

■4五歩  □3一玉

■4六角打 □5四歩

■3七桂  □2二玉

■4七金  □3一玉

■3五歩  □同歩

■同角   □5二金

■4六角  □4四歩

■1五歩  □4五歩

■同桂   □4四銀

■3三歩打 □2二金

■1四歩  □1八歩打

(途中図)