皆さんの周りにたばこを吸う人はいますか? 静岡県内で喫煙習慣がある人の割合は16・8%で、8割以上の人は喫煙習慣がありません。また、喫煙習慣のある人に禁煙意向を尋ねると、禁煙したい方は29・1%と3割近い方が禁煙したいと考えています(2016年度健康に関する県民意識調査より)。

     ◇……………………◇

 禁煙したいのに、なぜ禁煙することができないのでしょうか。それは「ニコチン依存症」になっているからです。たばこに含まれるニコチンはたばこの依存性を高めるため、禁煙することが難しくなります。

 禁煙を思い立ったらまずは、たばこを吸いたい気持ちをそらせることが効果的です。また、喫煙が生活のリズムになっていて、ついたばこを吸ってしまうことも多いため、喫煙に結び付きやすい行動を避けるなど、日常生活を工夫することが大切です。まずは、宴会や煙の多い場所を避けることや、周りの人に禁煙宣言をすることから始めてみませんか?

 さらに、禁煙補助薬を使うと、自力で禁煙する場合に比べて禁煙成功率が3倍から4倍高まります。お近くの薬局やかかりつけ医に相談してみましょう。一定の条件を満たせば、保険を使って禁煙外来で服薬治療を受けることができます。お近くの県健康福祉センターでも相談できますのでお気軽にお問い合わせください。

【県賀茂健康福祉センター健康増進課・田代勇磨 電0558(24)2037】