通常必要とされる分量を著しく超える「過量販売」については、契約の解除が認められる場合がある

 訪問販売では過量販売解除権が認められています。販売業者が、高齢者などに対し、次々に契約を勧誘する「次々販売」が、社会問題化したことから設けられました。通常必要とされる分量を著しく超える契約については、契約の解除が認められます。

     ◇……………………◇

 ただし、契約の締結を必要とする特別の事情があることを販売業者等が証明したとき、販売業者等は免責され、解除できないことになります。例えば、購入者が贈答用に必要で、同一の商品を大量に購入した場合などがこれに当たるでしょう。

 また、訪問販売では、販売業者等による虚偽の説明や不利な内容を隠して勧誘し、契約するトラブルが多発していたため、重要事項に関する不実の告知(虚偽説明)や故意による事実の不告知により、誤認して契約の申し込みや承諾の意思表示をした場合、申込者等には、契約の取消権が認められています。

 重要事項とは、商品の種類・性能・品質や、販売価格、商品の引渡時期などの取引条件など、特商法および省令に定められているものをいいます。

 電話勧誘販売についても、同様の取消権が認められています。

(小田原市・伊奈綜合法律事務所、伊豆の国市出身)

 【写説】通常必要とされる分量を著しく超える「過量販売」については、契約の解除が認められる場合がある