伊東自然歴史案内人会会員 沼崎一也さん

 2回目の受検で1級に合格した。「ジオの知識が深まったことで日々の楽しみが増えた。アユ釣りで釣果がなくても、川の地形の観察など飽きない」とほほ笑む。

 東京都大田区の出身で、3年前に伊東市へ移住した。義父が松崎町に赴任していた縁で、以前から伊豆半島にはよく訪れていた。「伊豆は環境も人柄もいい土地。先日、買い物先で魚の食べ方をお客さんが教えてくれうれしかった」と話す。

 伊東自然歴史案内人会の活動については、ジオサイトを案内する際、伊豆半島の成り立ちが現在にどうつながっているか、ストーリー性を持って解説するよう心掛けているという。先輩から受けた『自分本位になるな。お客さまあってのことだ』というアドバイスを大切にしていると謙虚に語る。

 趣味はアユ釣り、家庭菜園、サッカーのテレビ観戦。ジュビロ磐田のファンで、川奈出身の上原力也選手を応援している。

 伊東市池で妻と2人暮らし。64歳。

 【写説】伊東自然歴史案内人会会員 沼崎一也さん