書道展に出品する作品の練習をする生徒たち=山田書道学院本部教室

 1965年に設立された伝統ある教室。現在、小中学生が約20人所属する。創設者の浦崎織翠さんから引き継いだ、小長井朱翠さんが指導する。ほかにも山本薊翠さんが指導する富士見会館教室がある。

 活動は学年ごとの課題をこなして級をとるほか、年3回、書道展に出品する。夏休みや冬休みの課題も教える。

 目的は「正しい字を学ぶ」こと。集中力を養うとともに、自分の字で相手に伝えること、級をとって自信につなげることを大切にしている。

 ▽活動日時 日曜午後2~5時、火、土曜午前10時~正午、水曜午後2~5時、7~9時

 ▽活動場所 山田書道学院本部教室

 ▽問い合わせ 本部教室〈電0557(36)1744〉

 【写説】書道展に出品する作品の練習をする生徒たち=山田書道学院本部教室