礼儀と闘志。これを大切に剣道を続けています。子どもたちに何かを教えるためには、まずは自分ができなくてはいけない。矛盾するようだが、礼儀と闘志を大切にしつつ、子どもたちにも同じように大切にしてもらいたいと考えています。

 子どもたちに指導している中で、時に教わることもあります。「真面目であること」。それを教えてくれたのは子どもたちでした。

 剣道に真剣に取り組む子どもは着実に伸びていく。真面目とは手を抜かないこと。それは剣道だけではなく、普段の生活にもいえることでしょう。

 剣道十心会は菊地昌司代表をはじめ、周りの指導者も皆剣道に真面目な人ばかり。人に何かを教えるということがあまり得意ではないですが、これからも子どもたちと一緒に成長していけるよう、真面目に取り組んでいきたいと思います。