非日常を求めて大勢が訪れるプライベートキャンプ場=西伊豆町田子

 ■参加者出資企画進む 自由に使える直営キャンプ場 “非日常”を提供

 ヴィレッジインク(本社・下田市、橋村和徳代表)は、「非日常」をテーマに掲げ、伊豆を拠点に全国各地で独創的なアウトドア事業を展開する集団だ。1日1組限定のキャンプ場で結婚式や企業研修会をプロデュースするなど斬新な企画で注目を集めてきた。現在、参加者が出資しゼロからイベントを創り上げる新企画「ムラマツリ(村祭り)」が市内で進行中。伊豆の自然環境を生かした取り組みで、新たな価値の創出を目指す。

 2012年設立。交通手段が船のみという西伊豆町田子の直営キャンプ場を中心に、客が自由な使い方のできる空間「ビレッジ」を用意し、アウトドア経験の豊富な従業員が手助けをして非日常的な場所や時間を提供してきた。これまで同窓会やヨガ教室、野外フェスなども手掛けた。

 独自事業を進める傍ら、橋村代表は地域貢献の精神だけは忘れない。「伊豆を大切に思い、活動拠点を元気にするのは当然だ」

 「ムラマツリ」は、参加者が10月開催を目標に自ら資金や仲間を集め、料理や出し物などを1年間かけて考え準備する。何が起こるか分からないがそれも楽しみの一つ。橋村代表は「このイベントが本当の仲間づくりや、第二の故郷を発見するきっかけになるとうれしいね」と話した。

 【写説】非日常を求めて大勢が訪れるプライベートキャンプ場=西伊豆町田子