熱海梅まつり囲碁大会 決勝戦譜無差別級(下)

 ■黒・渡辺茂樹七段(三島市・ 先番6目半コミ出し) 白・江面雄次七段(清水町) 解説/太田次伸(元伊豆本因坊)

 ・黒無念な時間切れ

 本日は白の手番で左上隅へ向かい、大ゲイマジマリに、二間ビラキとなっている黒の構えに対して、三々へ70と打った所から始まりです。

     ◇……………………◇

 黒は71に押さえで打てば、白は72にキリで黒の対応を見る。簡単そうでいて隅は変化が多く難しいものである。

 黒は73とアテ、白74ノビに実戦は75としたので、白は76のアテをキカして78の下りで生きである。黒は75でなく81に打てば、隅は白に生きはないが、左辺の白の一団のシノギに少し楽をさせることになりそうで、黒は白に生きを与えても左辺の白一団の攻めの方を重視したもので、白はシノギに追われることになった。

 黒は83に迫って打てば、ケイマにツケコシで、84にすると、以下黒89までと一子取りまでは石の流れである。

 白90の備えは必要で91のノゾキを打たれるのはやむを得ない。

 次の黒の着点は手広い局面であるが、右下93、95は黒は眼形を増し、白への攻めも見ている大きな手である。

 参考図をみていただきますと、白1として、黒2に受けると、隅に白3、5と入るのも一つの型であるが、本局面では白危険でしょう。1、3の手順は筋ですが、局面にもよる手段です。

 右辺での黒99は自身の生きと、白への攻めをも見ているので、右辺100の守りは必要です。

 先手を得た黒は上辺に101も大きな所。

 譜は123手で以下を省略したが、長手順の実戦であったが、終局寸前になんと、黒は時計の針が落ちてしまったようで、黒は好局を落とし、白の勝利となり、江面七段、実に7回目の優勝となった。