親族内、従業員など、M&Aの三つの主な承継先

 事業承継の方法としては、大きく次の三つがあります。親族内承継、従業員などへの承継、M&Aです。

     ◇……………………◇

 親族内承継とは文字通り、経営者の親族に承継する方法です。最もオーソドックスな方法といえます。子、兄弟姉妹、甥[おい]、姪[めい]など経営者の親族が後継者となります。

 従業員などへの承継は、親族に適任者がいない場合や、従業員に能力とやる気のある人がいる場合、従業員や役員を後継者にする方法です。基本的には当該従業員や役員に会社の株式を売却し、あるいは、株式を贈与することになります。

 M&Aとは、企業の買収・合併をいいます。親族や従業員・役員以外の第三者が事業を引き継ぐ方法です。最近は増加傾向にあります。第三者は、同業者や、取引先など現経営者との間に縁故がある場合もあれば、仲介業者などによるマッチングで探す場合もあります。

 M&Aによる承継としては、第三者に株式を譲渡する、第三者である他の会社が承継対象の会社を吸収合併する、会社そのものは残しつつ、事業のみを第三者に対し譲渡するなどの方法がとられます。

(小田原市・伊奈綜合法律事務所、伊豆の国市出身)