■田尻隆司(相模原市) □乾渉(下田市) 自戦記/乾渉

 □8四桂~□7六桂打~□6九角が急所を捉えた厳しい反撃で、形勢好転を感じました…が。秒に追われて指した直後の□6七銀から□7八銀不成が逸機。玉を上に逃がしてしまい再逆転を許します。

     ◇……………………◇

 □6七銀では平凡に□7四同歩と金を取っておけばこちらに迫る速い手がなく優勢を維持できていました。秒読みと終盤の弱さを痛感し、さすがに負けを覚悟しました。

 しかし、先手も秒読みの中寄せを間違えます。一見攻防に効いている■5四角が疑問手。□5三金と打たれて逆に忙しくなってしまいました。後手に角を渡すと先手玉に詰む筋生じるため角を渡しづらいのです。

 ■5四角では単に■7五桂と打っておけば後手は受けが難しかったと思います。本譜の攻めも部分的には厳しいのですが後手に角と桂馬を渡したため先手玉に詰みが生じてしまいました。

 序盤から苦しい時間帯が長く、一瞬巡って来たチャンスも逃してしまったので、最後に勝つことができたのは本当に幸運でした。

 二転三転の将棋でしたが、勝利、そして優勝しチャンピオンベルトを巻くという特別な体験ができました。

(指始図) □8四桂

■8五銀  □7六桂打

■8七玉  □6九角

■7四金  □6七銀

■8四金  □7八銀不成

■7六玉  □8四歩

■8三桂  □7二玉

■5四角  □6三歩

■7五桂  □5三金打

■6三歩成 □同銀

■同桂成  □同金上

■3二飛  □5二歩

■6三角成 □同金

■7一金  □8二玉

■6一金  □6四桂

■6六玉  □6七金

■7五玉  □5七角

      (投了図)

 104手で後手の勝ち

 【図版】指始図(■6五金から)

 【図版】投了図(□5七角まで)