医療に必要な「輸血用血液」や血液製剤の原料とする血液は、皆さんの善意の献血によって確保されています。しかし、10代から30代の若年層を中心に献血者数が減少しており、特に夏季は長期休暇などにより、献血への協力が得にくくなります。

     ◇……………………◇

 そのため、厚生労働省は7月1日から7月31日までを「愛の血液助け合い運動」月間とし、本年度は「救いたいあなたの未来私から」をスローガンに、全国各地で若年層をはじめ、多くの人に献血に対する理解と協力を呼び掛けています。

 また、静岡県は高校生に献血推進ボランティア「アボちゃんサポーター」を委嘱し、若年層の献血意識の高揚を図っています。お住まいの市町で見掛けた際には、ぜひ献血にご協力をお願いします。

 ところで、皆さんは献血には200ミリリットル、400ミリリットル、成分献血があるのをご存じですか。200ミリリットル、400ミリリットルは、血液中の全ての成分を献血する方法です。一方、成分献血は、血漿[けっしょう]や血小板といった特定の成分だけを採血し、残りの成分については、再び体内に戻すという方法です。

 採血された血液は、各種検査で安全性を確認していますが、全ての病原物質を検出できるわけではありません。従って、複数の献血者の血液を合わせるほど、副作用の起こる可能性が高くなります。そのため、より少人数の献血者の血液で、患者さんのリスクを軽減できる、400ミリリットルや成分献血を推進しています。皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

【県賀茂健康福祉センター衛生薬務課・浅岡弘貴 電0558(24)2057】