■顔と顔合わせサービス

 本部の人事課、人材開発課長から約8年ぶりに現場復帰した。初の支店長職に「職員を大事にして、働きやすい環境をつくりたい。そうしないとお客さまにより良いサービスを提供できない」と意欲を見せる。

 伊東市出身。県立伊東高、帝京大から伊豆信用金庫時代に入庫した。中伊豆地区については「地域のコミュニティーがしっかりしている」という印象を持つ。「会合に顔を出すことが多いが、『分からないことがあれば言ってくれよ』などと声を掛けてくれ、すぐに溶け込ませてもらった」と感謝する。「何でもネットで完結する時代だからこそ、信用金庫本来の顔と顔を合わせるサービスを心掛け、お客様が本当に困っていることを肌で感じたい」と語る。

 最近は家族と出かけるキャンプが趣味。妻、娘と伊東市で3人暮らし。46歳。