「ゆかたでボウリング モンペルック」=伊東市竹の内のダンコーエンボウル

 ■ダンコーエン・ボウルの名物 「旅の思い出に」

 伊東市竹の内の金剛商事が運営するダンコーエン・ボウルの名物「ゆかたでボウリング モンペルック」が、伊東商工会議所の認定事業・伊東ブランド「いとうのいいもの」に、観光商品として初めて選ばれた。

 1971年3月のオープンから続けている浴衣姿の利用客にモンペを貸し出すサービス。ボウリング場として安全面に配慮しつつ、温泉旅館街の風情を演出し「旅の思い出に」との発想から生まれた。

 利用者は、モンペのレンタル料が無料な上、ゲーム代が割引となる特典がある。モンペの中に浴衣を入れると、尻の部分が膨らみ、愛らしいアヒルのような容姿になることも女性客らに好評を得ている。

 同ボウルの川合義孝支配人は、市が推進する「HIKARI to YUKATA(ヒカリとユカタ)」にぎわい演出事業に触れ「市とタイアップし“浴衣でボウリング大会”を開きたい」と目を輝かす。問い合わせは同ボウル〈電0557(37)1512〉へ。

 【写説】「ゆかたでボウリング モンペルック」=伊東市竹の内のダンコーエン・ボウル