按針祭協賛将棋大会B級特選譜(中)

 ■山田佳誠(下田高2) □池田友祐(伊東高2) 自戦記/池田友祐

 この対局の記録係はプロ棋士八代弥六段にしていただきました。私は、これまでにプロ棋士とは会ったことがなく、八代六段に見られながら将棋を指すのは本当に緊張しましたが、とても貴重な体験をさせていただきました。八代六段には、伊豆地区を盛り上げてもらい、今後の活躍に期待したいです。

     ◇……………………◇

 さて、局面。指始図は、先手が金無双の完完のため■4八金としたところ。ここまでの局面は、囲いや8筋と端の歩を伸ばしているところが同じで形勢は互角。角や銀をどのように働かせるかが大切です。先手が■7九角としてきました。これは、後手の飛車を狙う目的。これにより後手の私の飛車がずれたため、次は先手が飛車先の歩の交換ができます。先に■8四歩としたのは、1回で8筋の歩も手に入れる目的で大きな手得となります。しかしどちらもすぐに攻める手がありません。そこで先手が5筋に狙いを付けてきました。金無双の弱点は5筋でもあり、銀も前進できます。さらに先手は、■4六角として次は7筋を攻める目的。ここまで大きなミスや駒損がありませんが、ここから先手が動きだします。

 ■7四歩□同歩■7三歩□同桂■6五桂□6四銀■7三桂成と先手が攻め、桂と後手の私の守りの桂を交換してきました。しかし、■5七角とし、すぐ攻めが切れてしまう先手の山田さん。歩損もしてしまい、ややこちらに形勢が良い局面。後手の私はここから攻めていきたいですが、残り時間は5分を切ってしまいあとわずか。時間が少ないため、焦ってしまいとんでもない悪手を指してしまいます。

(指始図) □2四飛

■7九角  □2六歩

■同歩   □同飛

■2七歩  □2五飛

■8四歩  □同歩

■7四歩  □同歩

■同飛   □7三歩

■3四飛  □3三角

■8四飛  □8三歩

■8六飛  □8二銀

■8五飛  □2二飛

■5六歩  □同歩

■5五歩  □8四歩

■同飛   □5五角

■8六飛  □8三歩

■5六銀  □3三角

■4六角  □4四歩

■7四歩  □同歩

■7三歩  □同桂

■6五桂  □6四銀

■7三桂成 □同銀上

■5七角  □5五歩

■6五銀  □7五銀

(指了図)

 【図版】指始図(■4八金上から)

 【図版】指了図(□7五銀から)