第1譜(1~32)参考図1、2、3

 ■黒・加藤健一(沼津市・先番6目半コミ出し) 白・渡辺茂樹(三島市) 解説/太田次伸(元伊豆本因坊) 

 ・ハイレベルな一戦

 本日からは2月に行われた梅まつり大会での、無差別級の一戦を見ていただきます。

 3戦して全勝した者が2人となり、最後の決勝戦です。

 加藤健一さんは静岡県大会での優勝を数多く手中に収めており、渡辺茂樹さんも県大会で何回も優勝されていて、県を代表する打ち手のお二人です。

 堂々と決勝戦で相まみえるのはさすがなものである。

 実戦は加藤さんの先番となり、右下黒5のカカリに白は右上隅に向かい6とすると、黒は7から11までは普通で、白は12のノゾキを打って先手を取り、他所に向かう作戦に出た。

 多く見られるのは、参考図1のごとく白9の備えまでであるが、白9は黒から参考図のAに弱点がアリ、白Bに黒はC、D、Eの3カ所があるので白9とここに打つのが大事で、これで大勢に遅れるわけではないのです。

 白は左上隅に向かい、14の三々は実利最大の箇所で、対応はいろいろに分かれる。

 実戦の白30までも必然的な一型であり、ほかには参考図2のごとく、白11取りに黒12と隅を取る型もあり、参考図3のごとく白13の取りに、黒は14と隅を取る変化もあり、実戦とは大いに違った進行になります。

 隅は多様な手段があり、どの型を選択するかは難しいものである。

 実戦の左上は一区切りとなり、黒は上辺に31とする。絶好点です。左側の黒とは五間幅があり、かつ右上の白一団にハサミを兼ねている着手である。

 次の白32は好点でいわゆる模様の接点です。

 【図版】第1譜(1~32)

 【図版】参考図1、2、3