皆さんは「8020」をご存じでしょうか? どんな食べ物でもかんで食べられるには、歯が20本以上必要というデータがあります。「8020」とは、生涯自分の歯で食べる楽しみを保つため、80歳になっても自分の歯を20本以上維持しましょうという運動です。

     ◇……………………◇

 ではどうすれば、自分の歯を保つことができるでしょうか?公益社団法人8020推進財団の「第2回永久歯(大人の歯)の抜歯原因調査」報告書【図】によると、歯科医院で抜歯となった原因の第1位が「歯周病」、第2位が「むし歯」です。

 歯周病やむし歯の予防には、日々の歯磨き、フロスや歯間ブラシ等の歯間清掃器具の使用、砂糖の適正な摂取、フッ化物入り歯磨剤や洗口剤の使用および禁煙など、個人でも実施でき、予防の効果が確かな方法があります。

 しかし歯周病やむし歯の初期は、自覚症状に乏しく、自分で気付きづらい特徴があります。そのため歯周病やむし歯の早期発見には、定期的に歯医者さんで検診してもらう必要があります。さらにその際にメンテナンスしてもらうことで歯周病やむし歯の予防が期待できるため、定期的に歯科医院に受診することが推奨されています。

 平成がもうすぐ終わり、元号が令和となります。現在かかりつけの歯科医をお持ちでない方は、心機一転、令和元年から歯医者さんに行くのはいかがでしょうか。

【県健康増進課健康増進班・種村崇電054(221)2438】