華やかに市街地を行進するパレード

 下田市最大のイベント「第80回黒船祭」が17日、開幕する。3日間の開催中、多彩な催しが繰り広げられ、幕末開国の街は黒船祭一色に染まる。主な催しを紹介する(写真は昨年の模様)。

 ■公式パレード

 米海兵隊カラーガードを先頭に、車両29台、音楽隊5隊、行進隊6隊を含む総勢約430人が参加し、パレードの延長は約530メートルに及ぶ。各音楽隊が華やかな演奏を競い、米キニック高校ドリルチームは、銃剣などを操りながら一糸乱れぬ行進を披露する(18日正午~目抜き通り)。

 ■再現劇「下田条約調印」

 黒船祭定番の寸劇で、1854年に締結された日米和親条約付録下田条約の調印を再現する。ペリー提督や林大学頭などに扮(ふん)し、総勢17人が出演。コミカルなやりとりが観客を沸かせる(18日午後1時~了仙寺、19日午後0時半~市民文化会館駐車場)

 ■黒船サンセットコンサート

 東京を拠点に活躍するビッグ・ウイング・ジャズ・オーケストラ、海上自衛隊横須賀音楽隊、米海軍第7艦隊音楽隊が順番に出演する。洗練された音楽が無料で堪能できる音楽好きには見逃せない企画(18日午後3時半~午後9時15分)。

 ■開国市

 市街地の一部通りが歩行者天国となり、飲食の模擬店が並ぶほか、路上ライブ、大道芸、ゲームなど盛りだくさん。メイン会場のKIZUNA広場(下田郵便局隣接地)では、ビアガーデンとともに飲食ブースが並び、ステージイベントを繰り広げる(17日午後6時~9時半、18日午前10時~午後9時、19日午前10時~午後6時)。

 ■海上花火大会と河内の手筒花火

 海上花火大会は、下田湾で2夜連続で開催。10号玉、海上スターマイン、スターマイン、芸術玉など17日に約1600発、18日に約600発を打ち上げる(両日とも午後8時15分~)。河内の手筒花火は、下田市河内地区の若衆が伝統の手筒花火を勇壮に披露する(18日午後7時55分~まどが浜海遊公園)

 【写説】華やかに市街地を行進するパレード

 【写説】コミカルなやりとりが人気の下田条約再現劇

 【写説】本格的なジャズや一流音楽隊の生演奏が楽しめる「黒船サンセットコンサート」

 【写説】グルメや大道芸など多彩な催しで来場者を楽しませる開国市

 【写説】初夏の下田湾を彩り、黒船祭を盛り上げる花火大会