桜まつり開幕を前に見頃を迎えた大寒桜を眺める観光客=八幡野

 ■実行委「散らないで」

 伊東市八幡野の伊豆急伊豆高原駅周辺で早咲きの大寒桜(おおかんざくら)が早くも見頃を迎え、淡紅色の花が観光客や住民を魅了している。11日から同駅周辺などで「第40回伊豆高原桜まつり」を開く実行委員会によると、例年より10日ほど早く咲き進んでおり、既に満開となった木も多いという。実行委はイベント開幕を前に、開花がピークになる見通しから「少しでも花が散らないで残ってほしい」と祈るように話している。

 大寒桜は同駅周辺に約200本植えられている。同まつりは実行委と市、伊東観光協会が主催。「おおかん(大寒)桜」「桜並木」「さくらの里」の三つのイベントに分け、さまざまな催しを繰り広げる。「おおかん桜」は11、12日と18~20日、約3キロのソメイヨシノのトンネルを楽しめる「桜並木」は25~31日、大室山山麓のさくらの里を会場とした「さくらの里」は4月1、2の両日開く。

 主な催しは次の通り。

 【おおかん桜】でんしゃまつり(11日、伊豆高原駅構内)▽水森亜土のお絵かきパフォーマンスライブ&サイン会(11日、伊豆高原駅ホール)▽パンマルシェ(12、18、19日、伊豆高原駅ホール)▽おはよう伊豆高原朝市(12、18、19、20日、やまもプラザ)

 【桜並木】伊豆高原桜まつりコンサート(25、26日、伊豆高原駅ホール)▽サクラ交流会(25、26日)▽出店ブース(25日~4月2日)

 【さくらの里】フェスタ・フラダンス(4月1日)

 問い合わせは伊豆急内の実行委事務局〈電0557(53)1116〉へ。

 ■高原駅周辺で散策イベント 案内人会

 伊東自然歴史案内人会は伊豆高原桜まつりに合わせ、伊豆急伊豆高原駅周辺で散策イベント「桜ウオーク」を繰り広げる。実施日は25、26日、4月1、2日の4日間。参加費は500円(小中学生は300円)。各日、伊豆高原駅足湯付近に集合し、午前9時半に出発する。正午までに解散する。雨天中止。

 問い合わせは伊東観光番〈電0557(37)3550〉へ。

 【写説】桜まつり開幕を前に見頃を迎えた大寒桜を眺める観光客=八幡野