音楽に合わせて体を動かす親子=市健康福祉センター内「子育て支援センター」

 ■20組超が歌、ダンス

 伊東市の新しい健康福祉センター=桜木町=が1日、供用を開始した。館内に新たに設置された子育て支援センターは、午前中から多くの親子でにぎわった。

 広さ108平方メートルの同センターフロアには、遊具やおもちゃ、絵本などが用意されている。床に柔らかい素材を使用したり、柱に緩衝材を巻いたりと、子どもの安全に十分配慮している。3月中は2人、4月からは3人の職員が対応する。

 初日の午前中には未就園児とその親、20組以上が訪れた。歌やダンスの時間も設けられ、親子で楽しい時間を過ごした。宇佐美から来た2歳の女の子の母親は「きれいで、子どもも喜んでいる。駐車スペースがたくさんあるので助かる」と話した。

 ■新設子育て支援センターの名称募集

 市幼児教育課は現在、新たな子育て支援センターの名称を募集している。締めきりは10日。詳しくは同課〈電0557(32)1951〉へ。

 ■3月利用分の受け付け開始 4、5月は6日から

 伊東市は1日、市健康福祉センターの3月利用分(2階の多目的ホールなど)の受け付けを開始した。4、5月の利用分については6日午前9時から受け付ける。

 問い合わせは同センター〈電0557(36)8688〉へ。

 【写説】音楽に合わせて体を動かす親子=市健康福祉センター内「子育て支援センター」