山田さん(右)ら「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の料理・飲料監修者とイメージ料理・飲料=東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテル

 ■伊豆への貢献目指す

 伊豆急、東急は1日、7月にJR横浜駅−伊豆急下田駅間(所要約3時間)で運行を開始する豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」で提供する料理や飲み物、1泊2日のクルーズプランについての発表会を、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開いた。料理・飲料、クルーズプランとも「煌(きら)めく伊豆。美しさを感じる旅」をコンセプトに上質で地域貢献を目指す内容が発表された。

 料理・飲料の監修者には、素材をムース状にする「エスプーマ」を使った料理を日本で広めた「山田チカラ」(東京・南麻布)オーナーシェフ山田チカラさんら4人が選ばれた。それぞれに素材や生産者にこだわり独自の感性を生かし、地域活性化を目指すメニューを提案した。

 イメージ料理・飲料として、静岡県産のトマト、マッシュルームを使った前菜、県産茶葉をいぶした和紅茶などが報道関係者らに振る舞われた。

 クルーズプランは、1日目に下田市の白浜神社に寄り、下田、蓮台寺、河津各エリアの提携高級旅館、ホテルに宿泊。2日目に伊豆高原駅で下車し、大室山などを巡る行程イメージが示された。同プランは全100席のうち30席を販売し、価格は10万円台を想定している。残り70席は列車乗車(車内サービスを含む)のみで2、3万円。4月下旬以降に販売開始予定。

 伊豆急の小林秀樹社長は「(もてなしの)素晴らしいチームが決まり、期待感が高まっている。7月の運行に向け一層、チームの連携を強め安全性の確保に努めたい」と目を輝かせた。

 【写説】山田さん(右)ら「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の料理・飲料監修者とイメージ料理・飲料=東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテル