油類をためる分離槽を点検する関係者=宇佐美の宇佐美スカイライン給油所

 伊東市危険物安全協会(井原宏政会長)は2日、ガソリンスタンドなど市内6事業所で自主点検を行った。4人1組で2班に分かれ、ガソリンスタンドや宿泊施設などを回った。全ての事業所で問題はなかった。

 春季火災予防運動(1~7日)の一環。例年、春と秋の2回実施。成績優秀な事業所は5月の総会で表彰される。

 宇佐美の三春商事・宇佐美スカイライン給油所(関野隆行代表)では、給油時にこぼれた油類などをためる油分離槽の清掃、建物の損傷の有無、給油ノズルやタンクの管理状況など約20項目をチェック。聞き取りや目視で基準を満たしているか入念に調べた。

 井原会長は「住民の安心安全のため、安全管理の徹底に努めてほしい」と話した。

 【写説】油類をためる分離槽を点検する関係者=宇佐美の宇佐美スカイライン給油所