ひな飾りに見入る子どもたち=八幡野コミセン

 伊東市八幡野の八幡野コミュニティセンターでひな飾りが展示されている。利用者らから寄贈された13組のひな飾りが1階ホールと2階ロビーに飾られ、桃の節句の雰囲気を高めている。

 約半世紀前の古いものもあり、訪れた利用者はそれぞれのひな飾りの特徴を比べたり、自分の好みのひな人形を探したりと楽しんでいる。展示期間は3月末まで。同施設はひな祭りにちなみ、3日の来館者にお菓子を配布する予定。

 職員の稲葉まさ子(67)さんは「ひな飾りが家にあっても、飾らない家庭が増えた。季節を感じてもらえればと、約20年前からこの時期に展示し、利用者に喜ばれている」と話した。

 【写説】ひな飾りに見入る子どもたち=八幡野コミセン