卒業証書を受ける卒業生(左)=伊東高

 県立伊東高は1日夜、定時制の卒業式を開いた。4年生10人と三修制の1人が、恩師や保護者らが見守る中、山田隆一校長から一人一人卒業証書を受け取った。

 答辞で斎藤美希さんは、在学中で一番夢中になったというバンド部での活動を振り返り「練習を積み重ねることで自分の演奏に自信を持て、継続することの大切さを学んだ。学校で培った向上心を忘れず精進したい」と述べた。式後、会場を後にした卒業生に在校生から花束が贈られた。

 【写説】卒業証書を受ける卒業生(左)=伊東高