菜の花の周りを飛び回るミツバチ=宇佐美の烏川

 5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりしていた虫が春の訪れを感じて外に出てくるころとされる。

 伊東市宇佐美を流れる烏川の川岸では、菜の花の周りをミツバチが盛んに飛び回っている。柔らかな日差しを浴びて輝く黄色い花とブンブンと羽音を立てて飛ぶミツバチが、一足早い春本番を感じさせている。

 【写説】菜の花の周りを飛び回るミツバチ=宇佐美の烏川