ATカートの乗車体験を楽しむ子ども。左は順番待ちの家族連れ=伊豆高原駅構内

 伊豆急は11日、伊東市の伊豆高原駅構内で「伊豆急でんしゃまつり2017」を開催した。家族連れや鉄道ファンでにぎわい、ATカート(作業車)の乗車や「キンメ電車」の見学などを楽しんだ。同日は「伊豆高原桜まつり・おおかん(大寒)桜イベント」初日で、多くの来訪者たちが散り始めたが大寒桜を満喫した。

 線路の点検作業に使う「ATカート」の乗車は、順番待ちの長い列ができるほど大人気。子どもたちはヘルメットをかぶり乗車すると、カートが動く感覚を体感し、笑顔があふれた。熱海から家族で来た市立多賀小1年の横田蒼唯さんは「思ったより速く楽しかった」と喜んでいた。

 地域プロモーションのための「キンメ電車」の車両展示では、キンメのデザインをあしらったシートや沿線市町の特産品をPRする華やかな装飾が目を引いた。

 7月に運行を開始する食事付き豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」のテーマ曲をプロデュースしたバイオリニスト大迫淳英さんによるコンサートも開かれた。

 【写説】ATカートの乗車体験を楽しむ子ども。左は順番待ちの家族連れ=伊豆高原駅構内