■富士市の高齢者団体と共演

 「幕が上がらない」で全国高校総合文化祭演劇部門に出場した県立伊東高演劇部の有志らは19日、沼津市大手町の沼津ラクーンで開かれるイベント「妄想感謝祭」で公演する。

 「幕が上がらない、その後に。」と題し、富士市の高齢者演劇集団チャレンジャーなどと共演する。全国大会出場後も変わらなかった現状への虚無感やいら立ち、熟年層のちゅうちょや不安など、10~70代の“乙女”が人生における「幕」の上がり下がりについて思いをはせる。

 同感謝祭は午後4時開始で、演劇部の公演は5時半ごろから。料金は一般千円で高校生以下500円、未就学児無料。

 問い合わせは作・演出の加藤剛史さん〈携帯090(9944)8778〉へ。