伊東市内の観光施設を紹介する画像を眺める宿泊客=富戸のホテル・アンビエント伊豆高原

 伊東観光施設協議会(セバスチャン・ゴメス会長)は、協議会に加盟する伊東市内の15施設をスライドショーで紹介するPR画像をホテルなど3カ所で公開している。施設誘致につなげようと3月から始めた。

 画像は、カラオケ機器販売や広告事業を手掛ける熱海市水口町のライトと共同制作した。「伊豆高原を旅する」と題し、各施設の魅力を写真と文章で紹介。1施設1枚にまとめ、詳細が分かるQRコードも載せた。

 富戸のホテル・アンビエント伊豆高原では、フロント近くのテレビモニターに映している。ホテルから各施設までの車移動の所要時間なども紹介している。

 ホテルの他、伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとでも公開している。ゴメス会長は「知らなかった施設を見つける一つのきっかけになり、興味を持ってもらうことで誘客につなげたい。今後、公開場所を増やしたい」と話した。

 【写説】伊東市内の観光施設を紹介する画像を眺める宿泊客=富戸のホテル・アンビエント伊豆高原