新規採用職員を代表して宣誓書を読み上げる長屋さん(中央)=市役所

 伊東市は3日、市役所で新規採用職員15人に辞令を交付した。採用の内訳は事務員9人、保育士、教諭各2人、保健師、技術員各1人。代表で長屋伸吾さん(22)=産業課配属=が宣誓書を読み上げ、「全体の奉仕者として、誠実、公正に職務を遂行することを誓う」との決意を示した。

 佃弘巳市長は一人一人に辞令を手渡した後、訓示で「公務員としての自覚を持ち、伊東市発展のために、進んで改革にも取り組んでほしい」と呼び掛けた。

 同日からは前期の研修もスタートした。10日までの日程で、期間中は財政や観光などを学ぶほか、普通救命講習、熱海市と合同のビジネスマナーセミナー、城ケ崎清掃ウオークも行う。

 【写説】新規採用職員を代表して宣誓書を読み上げる長屋さん(中央)=市役所