「ロゼ・ピアノコンクール」大学一般の部Aで2位に輝いた池田さん=湯川

 ■大学一般A 自信持ちラフマニノフ

 伊東市湯川に住むピアニスト池田仁美さん(39)はこのほど、富士市で開かれた「ロゼ・ピアノコンクール2017」(実行委員会主催)の大学・一般の部Aで2位に輝いた。

 ピアニストや全国の音大生ら約80人が出場。20人ほどがエントリーした同部Aは5~11分以内の自由曲を弾いて予選、本選を競った。池田さんは12年の同コンクールで演奏し入賞できなかったラフマニノフ「楽興の時

作品16より第1番」でリベンジ。10年以上挑戦し、自身の最高順位を獲得した。

 学生時代に同曲と出合い、練習してきた。16年夏、ロシア国立モスクワ音楽院へ短期留学した際のコンサートで演奏するなど経験を積み、自信を持って臨めたという。池田さんは「2位になった時は信じられず、表彰台で涙した」と振り返った。

 池田さんは23日午後2時から、三島市梅名の中郷文化プラザで「第161回みんなで楽しむレファ音楽コンサート」(静岡地域教育芸術協会主催)に出演する。同曲やジブリ映画の曲など、子どもから大人まで楽しめる約10曲を演奏する。入場無料。希望者は直接会場へ。

 【写説】「ロゼ・ピアノコンクール」大学一般の部Aで2位に輝いた池田さん=湯川