淡い青色の花が来園者を魅了するネモフィラ=富戸の伊豆四季の花公園

 伊東市富戸の伊豆四季の花公園で、ネモフィラの花が見頃を迎えた。淡い青色に輝く花が来園者を魅了している。

 北米原産で、浅い釣り鐘が開いたような花径2センチほどの花を咲かせる。「ルリカラクサ(瑠璃唐草)」の和名を持つハゼリソウ科の一年草。

 同公園は2011年に栽培を開始。今年も城ケ崎の絶景を望む「つなきり岬」付近の花壇約千平方メートルに3千株を植えた。晴れた日は来園者がコバルトブルーの海とのコントラストを楽しみながら記念撮影を満喫している。

 5月下旬まで観賞できる。公園内ではマーガレットやノースポール、キンギョソウなども見頃となっている。

 【写説】淡い青色の花が来園者を魅了するネモフィラ=富戸の伊豆四季の花公園