見頃を迎えたヤマアジサイと岩見さん=富戸

 伊東市富戸、岩見豊久さん(70)の庭でヤマアジサイが六分咲きとなり、青や白色のかれんな花が美しく庭を彩っている。一般への“開放”は3年目を迎え、昨年は確認できただけで100人以上が訪れたという。岩見さんは「誰でも自由に観賞していただきたいが、ひと声掛けてほしい」と話している。

 広さ約660平方メートルの庭は岩見さんが10年がかりで作り上げた「アジサイ庭園」。種類は年々増え、現在はヤマアジサイ、セイヨウアジサイ、ガクアジサイ、園芸種など約380種類・400本以上が植えられている。

 岩見さんによると、ヤマアジサイの開花は昨年より1週間ほど遅く、セイヨウアジサイは咲き始めという。今月中旬が一番の見頃で、7月上旬まで楽しめそうという。

 庭園は伊東方向から県道伊東川奈八幡野線を市消防団第13分団詰め所を左折し、すぐ右折して直進した右側。問い合わせは岩見さん〈電0557(51)1465〉へ。

 【写説】見頃を迎えたヤマアジサイと岩見さん=富戸