鈴木署長から指定書を受け取る署員=伊東署

 伊東署は1日、同署で県警察官採用試験の受験者を増やすため、勧誘活動に取り組むリクルーターに指定書を交付した。鈴木剛署長が県指定の2人に伝達、署指定23人に指定書を手渡した。任期は1年。

 本年度は、受験者と同じ年代の署員を選出した。リクルーターは秋と来年春の採用試験に向け、市内高校、出身校訪問や署の採用説明会などに参加する。

 鈴木署長は「ともに仕事ができる人材を確保してもらいたい。任務達成を期待している」と呼び掛けた。

 希望者にはリクルーターが面会、質問に答える。警察官は年間を通じて募集している。問い合わせ先は同署警務課〈電0557(38)0110〉へ。

 【写説】鈴木署長から指定書を受け取る署員=伊東署