畳のから拭きを行うキプロス出身の女子学生(左)=東海館

 英国デ・モントフォート大と明星大の学生が5日、伊東市東松原町の伊東温泉観光・文化施設「東海館」で、清掃活動を体験した。

 施設の清掃奉仕を続ける「東海館みがき隊」(福田次男隊長)の定例活動に参加した。学生たちは隊員と一緒に、広間の畳や廊下をぞうきんで丁寧に拭き清めた。

 キプロス出身の女子学生(23)は「とても美しい建物。歴史と文化を感じる。楽しく掃除をすることができた」と笑顔で話した。福田隊長は「若い人たちが加わってくれたので、明るい雰囲気で活動できた」とうれしそうに話した。

 大学生は研修の一環で同市を訪れた。伊東商工会議所や伊東国際交流協会などの協力を得て、同市のプロモーション動画作成に取り組んだ。約25人が8グループに分かれ、市内の観光文化施設や事業所などを訪問した。

 【写説】畳のから拭きを行うキプロス出身の女子学生(左)=東海館