任期満了(7月4日)に伴う県知事選は、8日告示される。3期目を目指す現職の川勝平太氏(68)=無所属=とバルセロナ五輪柔道女子銀メダリストで新人の溝口紀子氏(45)=同=が立候補する予定。両氏は午前中に静岡市内で出陣式を開いた後、遊説に繰り出し、政策や主張を県民に訴える。投開票は25日。

 2期・8年の「川勝県政」の評価を問う選挙。川勝氏は危機管理や経済発展、子育て、教育、健康づくりなどを施策の重点に挙げ、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えたスポーツ振興−などにも取り組む。

 溝口氏は「このままの静岡でいいのかという危機感が臨界点に達した」と出馬の理由を説明。県下自治体関係者とのねじれ解消と連携、東京五輪に向けて持続可能なスポーツ施設再生などを掲げる。

 出陣式は次の通り。

 【川勝平太氏】午前9時半~、静岡市葵区の青葉公園

 【溝口紀子氏】午前9時~、静岡市葵区の青葉公園