完成したポスターを持つ事務局の増山美子さん(左)と重岡代表=市内

 ■ポスター完成、作品募集

 芸術を通して平和を考える「第7回アートでピース展−伊豆からの発言」(伊豆新聞本社など後援)が、今年も9月27日~10月3日、伊東市観光会館別館で開かれる。同展の企画・運営委員会(重岡建治代表)はこのほどポスターを製作、出品作の募集を始めた。

 同展は「作品や表現を通して、伊豆からも平和・自由・いのちの尊厳について発信していこう」と2007年に始まった。近年は隔年開催で、15年の第6回展には88人から絵画や彫刻、工芸など131点が出品された。

 ポスターはA2判で100枚製作。桜井寛明さん(函南町)の油彩画「古樹」をメーンに、開催日程などを記している。今後、A3判ポスターやA4判チラシも作るという。

 出品希望者は8月1~31日に事務局へ申し込む。出品料は1点4千円。並行して、会場で開く音楽や朗読などの出演者も募集している。出演料は1グループ3千円。

 故林紀一郎さんから引き継いだ重岡代表は「この運動を、皆さんの協力を得て続けていきたい」と話している。

 問い合わせは事務局の甲斐田晃さん〈電0557(38)9160〉へ。

 【写説】完成したポスターを持つ事務局の増山美子さん(左)と重岡代表=市内