伊東市の「第71回按針祭執行委員会」式典部会(鳥居康子部会長)が13日、市役所で開かれ、按針祭式典を8月10日午後4時半から、市観光会館ホールで開催することなどを協議、承認した。

 市制施行70周年で市功労者表彰を同ホールで行うことなどから、式典の開始時間を遅らせた。英国、オランダ、米国、メキシコのほか、スペイン領フィリピン諸島の総督ドン・ロドリゴが座礁した際、徳川家康から三浦按針が建造した船「サン・ブエナ・ベンツーラ号」を借り受けた縁で、新たに駐日スペイン大使も招待する考えも示した。5月に友好都市提携した福島県広野町の関係者も招待する。市観光課によると、招待客は600人ほどになるという。