開店と同時に入店してお目当ての品を探す買い物客=湯川の「メガドンキ伊東店」

 ■生鮮など幅広い商品

 伊東市湯川の国道135号沿いに30日、ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ伊東店」がオープンした。県東部地区に「メガドンキ」が出店したのは初めて。午前8時の開店前に200人を超える長い列ができた。同店はテープカットを行い、開店を祝った。

 メガドンキは通常店より売り場面積が広く、主婦やファミリー層を主なターゲットにしている。伊東店の千野久則店長は「地域の皆さんの役に立てるよう、生鮮食品をはじめとする日用品をたくさん取りそろえた。観光客向けの品ぞろえも充実させ、市民と観光客の両方に愛される店を目指す」と話した。

 開店を待つ人のうち一番乗りは東京の会社員男性。同僚と2人で前日から泊まりがけでやって来たという。「午前6時ごろから並んだ。お目当ては家庭用ゲーム機。昨夜は温泉に入ってゆっくり過ごした」と話した。市内から夫婦で訪れた無職男性は「食品や日用雑貨が安く買えるのは助かる」と笑顔を浮かべた。

 同店は、青果、鮮魚、精肉、総菜の生鮮品を含む食品、酒、日用雑貨、化粧品、家電製品、衣料品、カー用品、ペット用品など、幅広い分野の商品を扱う。営業時間は午前8時~翌午前3時。建物は鉄骨造り2階建てで、1階が店舗、2階が駐車場。売り場面積は3367平方メートル。137台分の駐車スペースがある。

 【写説】開店と同時に入店してお目当ての品を探す買い物客=湯川の「メガドンキ伊東店」