開所式であいさつする菊間区長(右)=松川町のふれあいセンター

 伊東市松原区と伊東地域包括支援センターは11日、松川町のふれあいセンター3階多目的ホールに松原の居場所「サロンまつばら」を開設した。初日は関係者と地域住民40人余りが出席。開所式に続き、活動をスタートさせた。

 地域住民が気軽に集まれる場所をつくりたいと、実行委員会を立ち上げて準備を進めてきた。開所式で菊間憲生区長は「住民が少しでも外に出る機会を増やしたいと考えた。楽しい会にしていきたいので協力をお願いしたい」とあいさつした。

 開所式後に同センター職員が熱中症をテーマに講話し「できるだけ水分を取ってほしい」と注意を呼び掛けた。ボランティアグループのハーモニカ演奏に合わせ、童謡唱歌なども歌った。

 毎回、健康体操や講話、ボランティアによるアトラクションなどを行う予定。今後は月1回、第2火曜日(午前10時~午後2時)の実施だが、8月は休止する。問い合わせは三津間玲子さん〈電0557(37)2051〉、鈴木洋子さん〈同(37)8264〉へ。

 【写説】開所式であいさつする菊間区長(右)=松川町のふれあいセンター