大型店が集まる国道135号バイパス沿い=湯川

 ■渋滞、無断駐車に“規制”

 夏の繁忙期を前に27日、伊東市湯川の国道135号バイパス沿いの集客力の高い店舗や施設の担当者が、渋滞緩和のため、初の協議会を道の駅・伊東マリンタウンで開いた。施設への入場規制や警備員による交通誘導などの案が挙がり、渋滞や無断駐車への対策などについて意見を出し合った。

 マリンタウンが呼び掛け、MEGAドン・キホーテ伊東店、セブン−イレブン伊東湯川店、しまむら伊東店、はま寿司伊東店、伊東署と市観光、建設課の担当者が出席した。

 8月4日の按針パレード、10日の按針祭海の花火大会では見物客による渋滞、店舗を利用しない無断駐車の増加が懸念されている。

 渋滞や無断駐車に対して▽マリンタウンは8月4日、10日に入場規制を行う▽ドン・キホーテは顧客の回転を早め、駐車場の満車を避ける▽渋滞情報を掲示し、旧道にう回させる―などの案が出された。

 マリンタウンの鶴田政利常務は「安全で安心できる伊東市のため、渋滞回避に協力してほしい」と呼び掛けた。

 次回の会議は8月下旬に行われる。

 【写説】大型店が集まる国道135号バイパス沿い=湯川